パニック障害と自律神経失調症には、どのような関係があるのでしょうか?実際に、パニック障害と自律神経失調症は、とても症状が似通っています。なので、診断を付けることはとても難しいと言います。自律神経失調症は、交感神経と副交感神経のバランスが乱れた状態で、それにより様々な症状を引き起こします。代表的な症状としては、動悸・発汗・頻脈・下痢や便秘を繰り返すといったものが現れます。これは、特に意識していなくても起こります。また、パニック障害の原因としては、脳の神経伝達物質の異常が原因で起きていると言われています。うつ病などは精神的なストレスが要因になることが多いですが、パニック障害はそうでないことが多いと考えられているのです。パニック障害の主な症状で、パニック発作があります。パニック発作はちょっとした刺激に敏感に反応して起こります。動悸や冷や汗などといった症状が、激しい発作として起こるのですが、そのあまりの激しさは死を感じてしまうほどです。しかし、発作の時間としては、そう長く続くものではない場合がほとんどです。パニック発作の症状自体は激しいものの、その状態が一生続くという物ではなく、月日が経つにつれて発作が軽くなっていきます。ただ、軽くはなるのですが、持続的なものになっていくことが多いようです。これをパニック障害の残遺症状と言います。そして、その残遺症状は自律神経失調症の特徴によく当てはまっているのですー